HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
「農」を撮り続ける写真家が東京の離島を巡り、
暮らしと「農」を温かく捉えた写真集。
東京「農」離島

高橋淳子
(たかはしじゅんこ)


書籍を購入
 定価
2,160円 (本体 2,000円)
 判型
A5上
 ページ数
116
 発刊日
2010/02/15
 ISBN
978-4-286-08332-2
 ジャンル
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 画集・写真集 > 写真集
「農」をテーマに撮影を続ける写真家が、東京の「農」を追いかけたシリーズの第2弾。今回は観光と漁業で知られる、伊豆七島や小笠原諸島の島々。交通の便も限られる東京の離島。そこにも、島で暮らす人々の生活に根付いた「農」や、島ならではの産業としての「農」の姿がある。著者は心温まる視点で島の農を追う。首都東京の一面を知り、日本の「農」の現実をみることができる一冊。
 著者プロフィール
1947年 山形県生まれ。
5歳の時上京。
独身時代の20年間を下町で過ごす。
演歌歌手として地方回りを経験後OLに転向、三菱商事、松下電工に勤務。
結婚後、自宅、手芸店等にて編み物講師を10年間続ける。
1994年 絵画の勉強に使いたいと、一眼レフカメラを購入、写真の魅力にとりつかれる。
2002年 ライフワークとして日本の「農」を撮り始めフリーの写真家となる。
2004年 写真展「東京近郊で生きる農民たち」東京新宿ペンタックスフォーラムにて開催。
2004年 写真集『東京近郊農家』(東方出版)出版。
その他 カメラ雑誌、農業関係団体・企業、一般企業、学校等に広く写真提供。
高校、大学、市民大学等で写真展及び講演。
NHKカルチャー写真講師。
旅行会社撮影ツアー指導講師。
2007年 写真集『東京「農」23区』(文芸社)出版。
2007年 写真展『東京「農」23区』東京銀座富士フォトサロンにて開催。

■受賞
1996年 千葉県勤労者美術展 労働大臣賞
2000年 全国公募団体三軌展 三軌会賞
他 入賞入選多数

■所属団体
社団法人 日本写真家協会(JPS)会員
社団法人 日本写真協会(PSJ)会員
日本旅行写真家協会(JTPA)会員
農政ジャーナリストの会会員


書籍を購入