HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
ピースボートでの南半球旅行記。
102日間の船内生活も記録し、旅ごころを喚起させる
南半球世界一周一〇二日間の船旅
〜第七八回ピースボート わたしの乗船記〜
甲斐嗣朗
(かいしろう)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,296円 (本体 1,200円)
 判型
四六並
 ページ数
250
 発刊日
2014/08/15
 ISBN
978-4-286-15364-3
 ジャンル
地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (海外)
ピースボートに乗り、南半球を102日間かけてめぐった記録。どこに行った、何を体験したというだけでなく、上は78歳から下は13歳、930人の人々と「どう過ごしたか」という体験、感慨も記され、これから世界一周を目指す人たちへは、良き参考書に。また、普段は触れることのない南半球にある国々の事情にも触れ、わたしたちの中にある旅ごころを喚起させる一冊。
 著者プロフィール
1945年(昭和20)、宮崎市生まれ。
宮崎大学教育学部卒業。
1970年(昭和45)から宮崎県立高等学校社会科教諭(地理専攻)として36年間教鞭を執る。
2006年(平成18)3月定年退職。宮崎市の自宅書斎を地誌研究室「GREENGLOBE」と名づけ、調査・研究活動に従事。

■著書
『東臼杵郡山林事件はいつ起きたか』─明治宮崎 南の受難・北の抵抗─みやざき文庫63(鉱脈社、2009年7月発行)第15回日本自費出版文化賞入選作品
『とこしえの森─巣之浦・大平』─若き営林技手 落合兼徳の生涯─(鉱脈社、2011年9月)第22回宮日出版文化賞候補作品
『みやざき新風土記』(共著、鉱脈社、1980年3月)
「畑地かんがい」「台地農業」を執筆
『みやざき新風土記』増補改訂版(共著、鉱脈社、1984年11月)
「手づくりの里・綾」を加筆
『角川日本地名大辞典45宮崎県』(共著、角川書店、1986年10月)
「トンネル」を分担
『ビジュアル版にっぽん再発見45宮崎県』(共著、同朋舎、1997年3月)
「日向市」「角川町」「(旧東臼杵郡)北郷村」を執筆


※この情報は、2014年8月時点のものです。

 マスコミ情報
  2017年04月09日  「宮崎日日新聞」で紹介されました。
  2014年09月27日  「CRUISE 11月号」で紹介されました。
書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。