HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
戦争で生き残った特攻隊員の「贖罪」を描く。
来年夏、全国ロードショー決定の原作。
空人
死者との約束
清宮零
(きよみやれい)


書籍を購入
 定価
1,512円 (本体 1,400円)
 判型
四六並
 ページ数
396
 発刊日
2014/11/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-15452-7
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
太平洋戦争末期、特攻隊に選ばれながら生き残った主人公・橋本は、自分の代わりに出撃した先輩との「約束」を守らなかった罪の意識にさいなまれて生きてきた。80代半ばになった橋本は、癌に侵され、余命半年の告知を受ける。死期を悟り、先輩の墓参りのために山形県天童市を訪れた橋本は、先輩の妹の娘と出会う……。戦争が落とす「影」を背負って生きる人々を描いた映画『空人』の原作。
 著者プロフィール
昭和3年(1928)1月4日、埼玉県生まれ。
本名・勝一(かついち)。
昭和19年(1944)、旧海軍甲種飛行予科練習生に志願。
土浦海軍航空隊に入隊。
昭和20年(1945)、終戦のため、8月18日にサイパン島に強制着陸し、B29を撃破する任務を解かれ、「105特別攻撃隊」は横須賀通信隊に戻り、解散。
帰還軍人として日本大学農学部予科1年に特別編入し、転部を経て、日本大学法文学部政経学科を卒業。
産経新聞社に入社し、浦和支局、千葉支局、東京本社婦人部の記者として13年間勤務後、特殊法人埼玉県住宅供給公社に転職。
業務部長の時、後進に道を譲るため定年1年前に退職。
仕事の傍ら、小説や詩などの文学作品の執筆に精力的に取り組み、昭和44年(1969)には小説『空葬』で第1回埼玉文学賞小説部門の準賞を受賞する。
日本現代詩人会会員
大宮詩人会会員
文芸同人誌『風姿』同人


※この情報は、2014年11月時点のものです。

 マスコミ情報
  2015年10月16日  「フジテレビホウドウキョク(さらのちゃんねる)」で紹介されました。
  2015年10月14日  「テレビ埼玉(ニュース930)」で紹介されました。
  2015年10月04日  「サンデータイムズ」で紹介されました。
  2015年09月27日  「やまがたぜろ23」で紹介されました。
  2015年08月27日  「毎日新聞」で紹介されました。

もっと見る
書籍を購入