HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
太平洋戦争末期、沖縄県最後の官撰知事・島田叡の、
気高くも壮絶な人生を辿った1冊。
群青の墓標
最後の沖縄県官撰知事・島田叡
横家伸一
(よこやしんいち)


書籍を購入
 定価
1,620円 (本体 1,500円)
 判型
四六並
 ページ数
352
 発刊日
2015/08/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-16539-4
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
太平洋戦争末期、本土決戦の捨て石とされた沖縄。武器もなく、援軍も来ない。そんな、死と隣り合わせの県民を1人でも多く救うために、命を投げ出す覚悟で神戸から赴任した島田叡知事。どんな時も県民に寄り添い、毅然と執務を続けて共に戦い、散っていった島田の美しくも高潔な生き方を描く小説。今こそ辿りたい、沖縄戦の真実を。噛み締めたい、平和の意味を──。
 著者プロフィール
生年/1950年
出身/兵庫県宍粟市
出身校/神戸大学
職歴/兵庫県公立学校事務職員

■著書
『LCRシルバーエイジ鉄道夢紀行』(文芸社、2013年)


※この情報は、2015年8月時点のものです。

 マスコミ情報
  2017年03月15日  「神戸新聞」で紹介されました。
書籍を購入