HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
職人歴60年。「自然流健康の家」の棟梁が伝授する
本当に価値ある家づくりの処方箋。
子どもに安心して住める家を残したい

小林康雄
(こばやしやすお)


書籍を購入
 定価
1,296円 (本体 1,200円)
 判型
四六並
 ページ数
214
 発刊日
2017/03/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-17567-6
 ジャンル
自然・科学・工業・学術 > 自然・科学・工業 > その他
高度経済成長期、建築業界では化学建材や接着剤が続々と登場したが、シックハウス症候群などの健康被害を招いた。耐久性も悪く、たったの30年程度で寿命を迎えてしまう。しかし、相も変わらずコスト優先のハウスメーカーによる「売り手都合」の家づくりがはびこっている。建て主として正しい知識を持つ必要がある。職人歴60年の棟梁が伝授する本当に価値ある家づくりの道しるべ。
著者HP
 著者プロフィール
株式会社小林住宅工業代表取締役、棟梁。
1940年、東京都生まれ。品川区立宮前小学校に入学。その後、戦後疎開で親元を離れ、小学2年生から中学校卒業まで長野県坂城町で育つ。
1955年、東京の銘木店に入店。1958年、建築大工の見習いとなる。
1960年、横浜へ大工職人として赴任。働きながら建築士の資格を取得。
1971年、有限会社小林住宅工業を設立(1984年に増資、現在の株式会社に組織変更)。その後は「長寿健康住宅」「シックハウスにしない家づくり」の実現を目指して活動に取り組む。一般社団法人「自然流の会」を立ち上げ、理事長に就任。現在は自然素材100%の家づくりに取り組むかたわら、「自然流健康の家」から予防医学という考え方を広める活動に尽力している。

■ホームページ
株式会社小林住宅工業(通称:こばじゅう)
一般社団法人「自然流の会」


※この情報は、2017年3月時点のものです。

書籍を購入