HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
自らを繰り返し襲う「幻覚」を、
突き放して散文詩に纏めたシュールな作品。


竹野哲夫
(たけのてつお)


書籍を購入
 定価
540円 (本体 500円)
 判型
A6並
 ページ数
72
 発刊日
2017/03/15
 ISBN
978-4-286-17793-9
 ジャンル
詩集・俳句・短歌 > 詩集 > 自己
現実か否か甚だ曖昧な出来事が綴られた散文詩集である。明確な区切りがないので、前半は「幻覚」について記した長編詩として読むことができる。畳みかけて続く「幻覚」は脈絡なく跳ねまわり、読者には痛快でさえあるが、当事者は対処に苦慮しているはずで同情を禁じ得ない。後半の「母」は、危篤の母に対する筆者の切羽詰まった愛情が繰り返し述べられ、実に切なく哀しい。
 著者プロフィール
1965年8月23日生まれ。
千葉県出身、在住。


※この情報は、2017年3月時点のものです。

書籍を購入