HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
児童の発達上の諸問題を
「持って生まれた個性」という視点から解明した名著を初邦訳。
気質という視点
〜その臨床への活用〜
著者:ジャン・クリスタル/序文:ステラ・チェス/訳者:井上和則
(じゃんくりすたる/すてらちぇす/いのうえかずのり)


書籍を購入
 定価
2,268円 (本体 2,100円)
 判型
A5並
 ページ数
544
 発刊日
2017/09/15
 ISBN
978-4-286-17904-9
 ジャンル
哲学・心理学・宗教 > 心理学
本書でいう「気質」とは、「人となり」の基盤となるものを指すが、気質のみで全ての行動が説明されるわけではない。ただ本書は、日本でこれまで紹介されることの少なかった「持って生まれた個性」に焦点を絞って解説した本だということである。気質という視点は、子供を対象とする専門家が持っておいた方がよい基礎知識のひとつだからだ。──臨床心理士、保育士、小学教師必読の書。
 著者プロフィール
●ジャン・クリスタル(Jan・Kristal)/著
1952年ミネソタ州に生まれる。
ミネソタ大学で児童心理学の学士号を、サンフランシスコ州立大学大学院で発達心理学の修士号を取得。
カイザー・パーマネント・メディカルグループで気質カウンセラーとしてのトレーニングを積み、後にはコンサルタントとして気質カウンセラーの養成に携わった。
気質カウンセラーとして個人開業のかたわら,サンフランシスコ州立大学で気質について教え、カリフォルニア州ドミニカ大学心理学科の教授を務めた。
2009年永眠。

●井上 和則(いのうえかずのり)/訳
1965年、島根県に生まれる。
1988年、関西大学社会学部卒業。
2010年、名古屋市立大学大学院人間文化研究科修士課程修了。
現在、大津少年鑑別所長。

■著書
『青年期発達百科辞典第3巻』(「危険な性行動」、「10代の家出」の項を分担翻訳)(2014年、丸善出版)


※この情報は、2017年9月時点のものです。

書籍を購入