HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
さまざまな顔を見せる故郷の海・八代海から
「再起」の力をもらい、前へと進む物語3篇。
不知火海の焔

宮川行志
(みやがわこうし)


書籍を購入
 定価
1,188円 (本体 1,100円)
 判型
四六並
 ページ数
168
 発刊日
2017/02/15
 ISBN
978-4-286-18010-6
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
人を育む海、人に牙をむく海、そして人智を越えた海――。「不知火は人間の心たい。その時々にゆらゆら揺れていくのが人間。……もう一度今夜しっかりと不知火を見てから、自分の心をしっかり覗くと、いい思案が生まれるもんだ」(本文より)。さまざまな顔を見せる故郷の海・八代海から、「再起」の力をもらう物語「揺れる不知火」「海の火事」「太郎のパン」3篇を収録。
 著者プロフィール
昭和10年(1935年)1月、熊本県宇城市不知火町に生まれる。
昭和32年(1957年)、熊本大学教育学部卒業。以後、平成7年3月まで38年間、小・中学校教諭、校長等歴任。
平成9年(1997年)、「詩と眞實」同人。
平成16年(2004年)、「九州文学」同人。
平成18年(2006年)、小説「太郎のパン」にて「詩と眞實賞」を受賞。
平成18年(2006年)、小説「褄紅蝶」にて第28回熊本県民文芸賞・小説部門2席受賞。
平成19年(2007年)、小説「カパちゃんのデコポン」にて「九州文学賞」を受賞。
平成19年(2007年)、小説「海の火事」にて平成19年度第7回アングラ文学賞受賞。
平成26年(2014年)、「おふくろの指文字」にて「文芸思潮」エッセイ優秀賞受賞。
平成28年(2016年)まで各誌に発表した小説は49篇。その中より3篇を本書に収録。


※この情報は、2017年2月時点のものです。

書籍を購入