HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
言葉を経営に生かすのに必要な
日常の気づきをもたらす150のヒントを集めた提言集。
言葉と経営
ホントに大切なことは、小さな声で語られる
人見訓嘉
(ひとみくによし)


書籍を購入
 定価
756円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
168
 発刊日
2017/04/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-18197-4
 ジャンル
社会・ビジネス > ビジネス > 経営
企業経営は、「言葉で攻め、数字で守る」。小著は「言葉を経営に生かす」という視点が最初にあります。経営者は数字に敏感ですが、言葉もまた、業績を左右する経営の背骨に違いありません。数字は過去と現在を管理できますが、現在の消費者のマインドをグリップし、未来を切り開くのは言葉の役割です。言葉を経営に生かした企業から突き抜ける好例が生まれると、それこそ望外の幸せです。
 著者プロフィール
1975年香川県高松市生まれ。
コピーライター、コミュニケーションディレクター。
大阪大学大学院工学研究科交通・地域計画学領域招聘クリエイター。
企業や組織のコミュニケーションの相談・構想・企画・制作・運用を支援する「有限会社CONERI」代表取締役。
受賞歴として、宣伝会議賞、朝日広告賞、C-1グランプリ(東京コピーライターズクラブ)ほか。
公的な仕事に、高松市広報アドバイザー(高松市)、高松市中心市街地活性化協議会委員(高松商工会議所)など。
論文に「スローモビリティを活用した観光体験が住民の意識・行動に及ぼす影響と創造性涵養効果」(都市計画学論文集)ほか。


※この情報は、2017年4月時点のものです。

書籍を購入