HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
8回もの大阪大空襲により被害に遭った市井の人々を通し、
戦争の悲劇を描いた渾身作。
空襲

東洵
(あずままこと)


書籍を購入
 定価
972円 (本体 900円)
 判型
四六並
 ページ数
96
 発刊日
2017/06/15
 ISBN
978-4-286-18457-9
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
昭和20年3月13日、大阪に1回目の大空襲が起きた。木中房枝、正男、藤岡さんなど市井の人々は、防空壕に逃げ込み、必死で生きていこうと苦悩する。しかし、それから何度も空襲が起こり、8回も大阪府の人々は爆撃に遭う。そして、そのあとに残ったのは、残酷な真実だけであった──あまり知られていない大阪大空襲の様子が綴られた渾身作。
 著者プロフィール
昭和18(1943)年10月生まれ。
大阪府出身。
地元の高校を卒業後、松下電器産業(株)に入社。
その後、福井大学を経て、(株)神戸製鋼所へ入社。
定年退職後、現在に至る。


※この情報は、2017年6月時点のものです。

書籍を購入