HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
北陸本線の「全駅乗り降り」を綴った、
鉄道をこよなく愛する著者のライフワーク記録。
北陸線の全駅乗歩記
出会い・発見の旅
澤井泰
(さわいひろし)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,728円 (本体 1,600円)
 判型
四六並
 ページ数
384
 発刊日
2012/12/15
 増刷情報
3刷
 ISBN
978-4-286-12648-7
 ジャンル
地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (国内)
鉄道と共に生き、鉄道に活かされてきたと断言する著者は、日本国内のJR線全線乗車を完遂した後、主要本線の「全駅乗降」にチャレンジ開始。これはそのうち、東海道本線・東北本線ほかに次ぐ10本目の、北陸本線の旅の記録である。基本的に勤務の傍ら、2泊3日を繰り返しての実行。質実剛健な筆の陰に、鉄道、駅、ひいてはその土地に対する限りない愛情が垣間見える実践的鉄旅本。
 著者プロフィール
1936年横浜市に生まれ、神奈川県立横浜翠嵐高校を経て、1959年東京都立大学法経学部法学科卒業。
1959年会計検査院に就職し、国鉄等の検査に従事し、国有財産・郵政・防衛第一の検査課長等、長崎県出向、第五局審議官、第二局長を歴任し、1991年退官。
1991〜2003年、福島大学講師(公会計論)、白島石油備蓄会社監査役、日本鉄道建設公団監事等に就任。
趣味を活かして「鉄道の旅」の研究に取り組み、1992年10月、旧国鉄の全線区(約22000キロ)の乗車を達成。
次いで、主要路線ごとに全駅を乗降・探訪し、執筆(月刊誌に18年間連載)。
東海道・東北・山陽・中央・信越・鹿児島・長崎・常磐・奥羽・北陸の10路線を達成、現在、羽越線を実施中。
JRの駅4600のうち2410を乗降済。

■著書
『出会い・発見の旅─中央線全駅乗り歩き』(リバティ書房、1998年)


※この情報は、2012年12月時点のものです。

 マスコミ情報
  2017年03月27日  「北日本新聞」で紹介されました。
  2013年06月28日  「週刊読書人」で紹介されました。
  2013年02月15日  「朝日新聞」で紹介されました。
書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。