HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
樺太島に暮らした少女が、戦争を経て故郷を追われ、
本土に帰り綴った樺太での体験記。
想い出の樺太

井戸田博子
(いどたひろこ)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
144
 発刊日
2015/02/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-15617-0
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
北の大地に、かつてこんなに豊かでモダンな街があったなんて──。北海道よりさらに北にある島、樺太(現サハリン)島。北海道の半分ほど島の南半分には、日本人が開拓し築いた街々があった。特に樺太庁所在地の豊原市では大通りにアスファルトが敷かれ、自動式電話も普及していた──。その地に暮らした少女が、戦争を経て、故郷を追われ、本土に帰り綴った樺太での体験記。
 著者プロフィール
1932年金沢に生まれる
1936年父の仕事の都合で樺太豊原市へ移り住む
1947年引揚げ
1960年結婚
以来大阪在住


※この情報は、2015年2月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。