HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
著者の故郷、出雲・伯耆と深い関わりのある
「悪党 その時代」他エッセイ2作品。
蘇えれ雲伯(古代出雲)

住田穗積
(すみだほづみ)


書籍を購入
 定価
756円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
248
 発刊日
2017/10/15
 ISBN
978-4-286-18302-2
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
南北朝時代の悪党として知られた名和長年。時代の申し子であった彼の登場が歴史的必然であったことを示唆し、その華々しい活躍を紹介する「悪党 その時代」。また、古事記には古代出雲にまつわる記述が多く、他に類を見ない特権性を有したことを推察する「なつかしの雲伯 私の古代出雲」。著者の生まれ故郷、出雲・伯耆と深い関わりのある2作を収録した作品集。
 著者プロフィール
1949年鳥取県生まれ。
愛知県日進市在住。
大学卒業後、損害保険会社に勤務し、定年を迎える。
Atelier11呑ぐ里を主宰し、野鳥の写真展、小学校や子ども大学などでの講師活動、写真文集の作成などを通じて、自然環境への啓発活動を展開中。

■著書
写真文集『Atelier11呑ぐ里・フライロッド 春を待つ遊び友達・情景 香久山の四季』(2013年12月)
【野鳥三部作】
1.写真文集『鳥のお話─私たちは けっこう 良い日進市に住んでいる』(2013年3月)
CD制作:日進市立図書館
2.『日進市の野鳥図鑑 いつもの散歩道の野鳥達─自然とふれあう機会の多いこの都市の魅力について』(2013年12月)
3.『雑記 身近な鳥考 鴉 雀 燕(ちょっと寄り道出雲神話)』(2014年9月)


※この情報は、2017年10月時点のものです。

書籍を購入