HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
作家、里見弴への「昭和48〜57年 インタビュー」
9回延べ20時間余りの全記録。
里見弴の語る大正・昭和文壇うらばなし

石原亨
(いしはらとおる)


書籍を購入
 定価
1,620円 (本体 1,500円)
 判型
四六並
 ページ数
436
 発刊日
2018/05/15
 ISBN
978-4-286-19420-2
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
作家、里見弴への「昭和48〜57年 インタビュー」9回延べ20時間余りの全記録。・大正3年の松江、小泉八雲、作家デビュー・志賀直哉にほめられた洒脱な語り・直哉コンプレックスからの離脱、絶交と和解・「暗夜行路」阪口のモデル、「蝕まれた友情」と生馬・「一目ぼれ」「自己嫌悪」は弴さんの造語!・「世界一」「かね」「安城家の兄弟」「月明の徑」ほかの作品秘話。
 著者プロフィール
一九三七(昭十二)年島根県安来市伯太町生まれ。
安来高校、島根大学卒後、県下の大東高校・松江商業高校・松江北高校・三刀屋高校掛谷分校・出雲高校歴任の後、松江工業高等専門学校で四十一年の教師生活を終える。
松江工業高等専門学校名誉教授。

■著書
『証言里見弴 志賀直哉を語る』(1995年、武蔵野書院)
『杜織の俳句』(2004年、山陰中央新報社)
『とおるの俳句 俳画トライアングル』(2015年、文芸社)
その他「太宰治と岳父石原初太郎」「文学者とラフカディオハーン」などの論考


※この情報は、2018年5月時点のものです。

 マスコミ情報
  2018年04月24日  「山陰中央新報」で紹介されました。
書籍を購入