HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
小学生の女の子が考えたユーモラスで心温まる
「ふしぎなぼうしやさん」のお話の絵本。
まきちゃんのぼうしやさん

さく:しばたまき/え:たなかしんすけ
(しばたまき/たなかしんすけ)


書籍を購入
 定価
972円 (本体 900円)
 判型
A5横上
 ページ数
24
 発刊日
2018/11/15
 ISBN
978-4-286-19604-6
 ジャンル
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
「さいきん ものわすれが ふえてきてねぇ……。」「この“ろうかぼうし”を どうぞ。」まきちゃんは、ぼうしやさん。こまっているひとがやってくると、ふしぎなぼうしをてわたします。すると、みんな、えがおになり……ふしぎなぼうしって、どんなぼうしなのでしょう。まきちゃんの ぼうしやさんに あそびにきませんか? 小学生が考えたユーモラスで心温まるおはなしの絵本。
 著者プロフィール
●しばたまき/さく
2009年 三重県津市生まれ。
趣味は、読書とスイミング。
2歳頃からお話を作ってあそぶ。
本作は、小学2年生(7歳)の時に執筆。
ことばあそびや面白いことを考えることが好きで、本文中に登場する街には不思議で面白いお店が並んでいる。
「帽子と防止などをかけたユーモラスで、心温まるお話を楽しんで読んでいただけるとうれしいです。」

●たなかしんすけ/え
絵本作家。イラストレーター。
熊本県出身。
絵本に『ここちいいばしょ』『しあわせのはね』『きんいろのはね』(文芸社)、『カピバラくん』『あめあがりのカピバラくん』(理論社)、挿絵に『おかっぱちゃんとひみつのともだち』(文芸社)、『おこりんぼの魔女のおはなし』シリーズ(早川書房)、『こわい!』シリーズ、『怪盗カップニャードル』シリーズ、『怪談─24の恐怖』(講談社)、『注文の多い料理店』(河出書房新社)、『きらり ながれぼし』(長崎出版)等。


※この情報は、2018年11月時点のものです。

 マスコミ情報
  2019年01月14日  「産経新聞」で紹介されました。
  2019年01月08日  「FM三重(Radio Flapper)」で紹介されました。
  2018年12月11日  「読売新聞」で紹介されました。
  2018年12月09日  「朝日新聞」で紹介されました。
  2018年12月01日  「月刊 Simple (伊勢・志摩・鈴鹿・松阪地域) 1月号」で紹介されました。

もっと見る
書籍を購入