HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
旧約聖書を読み解くと日本とのつながりが見えてくる!
改訂版として邪馬台国論を付記。
モーセと日本 改訂版

花田洋
(はなだひろし)


書籍を購入
 定価
756円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
240
 発刊日
2019/02/15
 ISBN
978-4-286-20140-5
 ジャンル
社会・ビジネス > 社会 > 社会
30年以上をかけて英語、ドイツ語、フランス語、ヘブライ語、ロシア語、中国語を学習する中で日本語とヨーロッパ系の言語の類似点に気づいた著者が、旧約聖書を読み解き考察した初版本に「私の邪馬台国論」を付記。モーセは日本に来ていた、最後の戒めの詩は日本のために書き残したメッセージ、伊勢神宮に祀られているのは本当はモーセだった等、独自の論説をまとめた作品。
 著者プロフィール
1947年5月、福岡県生まれ。
洗車場、パチンコ店などの地元企業で従業員として働くかたわら、30年以上をかけて、英語、ドイツ語、フランス語、ヘブライ語、ロシア語、中国語を学習する中で、日本語がヨーロッパ系の言語、あるいは旧約聖書の中の言葉と類似点を持つことに気づく。
本書はその考察をまとめた著作『モーセと日本』(2009年、文芸社)に一部追記したもの。


※この情報は、2019年2月時点のものです。

書籍を購入