HOME > 出版をお考えの方へ > 文芸社の安心サポート
文芸社の安心サポート
文芸社はこれまで、15,000人以上のお客様の本づくりに携わってまいりました。また、2冊目、3冊目と複数回にわたって弊社の出版サービスをご利用いただくお客様が多いのも文芸社の特長です。これまで積み上げてきた多くのノウハウと実績をもとに、一人ひとりのお客様の「想い」や「こだわり」を私たちは全力でサポートします。本づくりが初めての方でも安心してお任せください。

執筆や出版の「第一歩」からサポート

「この原稿、出版できるかしら?」「どうしたら書店で販売することができるのか?」などの相談から「本を書きたいけど、どうすればいいの?」という悩みまで、本づくりの知識と経験豊かなスタッフが対応いたしますので、じっくりと納得のゆくまでご相談ください。

あなたのアイデア・原稿について何でもご相談ください
「絵本のストーリーはあるけど、絵を描くのは苦手」、「自分史を書きたいけど、文章にすることができない」。そうした悩みをお抱えの方もご安心ください。原稿がない段階から、お客様の想いを「本」というカタチにする方法をご提案いたします。企画やアイデアをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

毎週、全国各地で参加無料の個別相談会、本づくりセミナーを開催

本を出版するといっても、何から始めて良いのかわからない。そんなお客様のために文芸社では、疑問質問に直接お会いしてお答えする機会を設けています。全国各地でマンツーマン形式の「出版相談会」とスクール形式の「執筆と出版のための出版説明会」を開催していますので、まずはお住まいの地域で開催されるスケジュールをご確認ください。

お客様目線の本づくりをプロの技術と心構えでサポート

文芸社では、作品ジャンルに合わせた専属の担当編集者が本づくりのお手伝いをいたします。文章上の技術的なアドバイスはもちろん、お客様の大切な作品に対し真摯に向き合う姿勢こそが、弊社編集の誇りでもあります。

お客様の気持ちに寄り添い、心を込めて形にします
お客様からお預かりした原稿を活字に直してページを構成し、カバーをつけて1冊の書籍としてまとめるのが私たちの仕事です。流通する書籍には著作権や肖像権など様々な制約がありますが、私たち編集のプロがわかりやすくアドバイスします。お客様が人生の集大成として書き上げた原稿は、いわばお客様の分身。私たちは、原稿の1ページ目を開いた瞬間から、お客様お一人お一人と向き合っているつもりで、この世に1冊だけのお客様の本を一文字ずつ丹念に編み上げていきます。

書籍が完成した後も専用の相談窓口がサポート

書籍が完成した後は、「著者サービスセンター」が総合窓口となり、販売・宣伝・広告等について丁寧にご案内し、出版にまつわるあらゆる事柄についてサポートに努めて参ります。

刊行後のケアもお任せください
書籍が完成した後、文芸社からのお知らせやご報告、またお客様からのご相談やお問い合わせにつきましては、私たち著者サービスセンターが総合窓口を務め、対応させていただきます。ご著書の販売状況や広告掲載について、印税のお支払や重版に関して等あらゆる疑問点や不明な点について私たちが誠心誠意サポートしますので、お電話でもFAXでもメールでもいつでも気軽にご相談ください!

書店との関係を活かしてご著書の販売をサポート

一般に「自費出版の書店流通は難しい」とされ、実際に「これだけ書店に配本される」と具体的に明示している出版社はほとんど見当たらないのが現状です。文芸社は全国都道府県の500店舗を超える書店と提携しておりますので、確実な書店流通を実現することができます。また、「自分の本がどこの書店に配本されるのか知りたい」というご要望にもお応えするため、ご著作の配本直前には「提携店配本リスト」をお客様にご案内いたします。

業界トップクラスの販売サポートで、ご著書を読者に届けたい
お客様の思いが込められた書籍が、ひとりでも多くの読者に届けられること──これが私たちの願いです。文芸社は全国各地に支社を設けており、地域に根差した書店にも社員が足を運んで販促活動に日々努めています。書店に並ぶ数多くの本の中から、読者がお客様のご著書を見つけ出し、手に取ってくれることが私たち喜びであり、それを活力として励んでいます。また、当社刊行本だけを集めた書店ブックフェアを定期的に開催するなど、多くの書店と信頼関係を築いている文芸社だからこそ実現できる販促企画もあります。ご著書と読者の橋渡しは私たちにお任せください。

「提携店配本リスト」一例をご紹介

●紀伊國屋書店札幌本店●八文字屋書店仙台泉店
●紀伊國屋書店新宿本店●三省堂書店神保町本店
●リブロ池袋本店●有隣堂伊勢佐木町本店
●三省堂書店名古屋高島屋店●紀伊國屋書店梅田本店
●アバンティブックセンター京都店●フタバ図書 MEGA 祇園中筋店
●丸善博多店

アマゾン、楽天ブックス、セブンネットショッピングなどのネット書店でも販売

お客様の書籍を全国の書店で販売することはもちろん、アマゾン、楽天ブックス、セブンネットショッピングといったネット書店でも販売しています。文芸社ホームページの書籍詳細ページでは、各ネット書店へ誘導するリンクを設けておりますので、書籍の情報を閲覧した方はその場で購入することができます。

お客様のご著書を万全な体制で管理

完成した書籍は、汚損を防ぐためにしっかり梱包された状態で保管され、全国の書店からの注文に迅速に対応できるよう出版流通の専門外部スタッフによって大切に管理されています。

お客様の信頼に応える社内の取組

お客様にとって、出版は大きな決断を必要とする人生の一大事と言えるかもしれません。だからこそ文芸社は、表現者であるお客様から信頼されるパートナーでありたいと考えています。大切な原稿を安心してお預けいただくために、また、独自の出版サービスを過不足なくご理解いただくために、透明性のある制度づくりを実施しています。お客様のご意見やご要望を企業活動に取り入れながら、全社をあげてお客様の信頼に応えてまいります。

安心して出版いただけるよう「出版統括部」を設置

文芸社では出版をご契約いただいたお客様一人ひとりに、「出版統括部」より『お客様確認書』をお送りし、ご契約内容・手続きについて重要事項の説明不足や誤りがなかったかを確認しております。また、「契約時における倫理綱領」に基づき、専門的で複雑な仕組みである出版システムに関して、お客様に正しくご理解いただけるように努めます。契約書のみならず文芸社よりご送付する種々の書類に関するご不明な点につきましても、迅速・適切・丁寧にお応えいたします。

文芸社だからこそ実現できた「著作者保護制度」

著作活動のパートナーを務める企業の責任としてお客様の利益保護を確実にするため、大手都市銀行『りそな銀行』との信託契約をベースに「著作者保護制度」を開発しました。弊社の経営状況などに一切関係なく、著作者の大切な印税、あるいはご入金いただく『出版委託金』が銀行の信託口座において分別管理されるという制度です。確かな経営体力がなければ実現できない、出版業界では初の試みとなる制度でもあります。